チューリップ畑

2017/10/4

「千の風になって」新井満さん特集歌声は300名満席のお客様と、素晴らしい時間を共有することができました。「生きてりゃいいこときっとある!」ってこういう時、私は叫びたくなります。いつもは皆さまからのリクエスト中心にすすめますが、今回は以下の構成でした。

第1部 「風」をテーマにした歌声

第2部  新井満さんのトークと歌と朗読

第3部 「いのち」をテーマにした歌声

新井満さんのお話は静かにとつとつと始まり・・・絶妙な間(ま)の中に笑いあり、ツ~と流れる涙あり、深い深い感動に包まれた1時間でした。お墓に行ってきたばかりだったので、語るような「千の風になって」の生歌で泣きそうになりました。実際涙を流している方が大半でした。

著作本もCDアルバムもあっという間に売り切れ、北海道に帰られた新井満さんに追加注文することになりました。(サイン入りです)注文の方は涼風までお願いしますね。第3部では「ふるさとの山に向ひて」「この街で」「千の風になって」を事務所代表の奥様:紀子さんと一緒にステージで皆様と一緒に歌ってくれました。

アイヌの言葉でこんにちわ、ようこそ・・君に逢えてよかった・・あなたの心にそっと触れさせてください・・という深い意味がある新曲「イランカラプテ」涼風でもたくさん練習しました。北海道では大変有名な曲ですが日本中に広めていきたいですね!

写真は(新井満さんの御親族、知人の皆様とスタッフ一同)

六角橋のお店貸し切りの「打ち上げ」は第4部が始まったかのような盛り上がりでした。「乾杯の歌」でスタート!ひとりひとり今日の感想を述べました。最後は新井満さんの登場!思わずひっくりかえるような、おもしろいことを話したあと、突然「今日の企画は成功ではありませんでした」と言ってしばらくだまりこみました・・・嫌な空気が流れスタッフの皆を一瞬凍りつかせたあと、「成功ではありません。大成功でした!」と言ってドアをあけ帰って行きました。カッコいい~~~~!ハァ・・

お空の中秋の名月も祝福してくれて、めでたしめでたし!

   最下段は(翌日の神奈川新聞の記事)

10/9(体育の日)第11回「みんなで歌おう思い出の歌」決定!下田文化会館 ゲスト:きたがわてつ下田歌声の会「汐風」主催

10/18(水)南太田「常照寺」で檀家の皆様と歌声も決定