チューリップ畑

2018/2/27岩間ホール歌声終了  ゲスト:きたがわてつさん

ついに「涼風」にも”きたがわてつさん”がゲストできてくれました。「ローズ」を語るように歌い始め「そんな町を」で納豆売りのお話を交えながらで我々も手話で参加、「祭り」は皆さまとおおいに盛り上がりました。最後の「ヒロシマの有る国で」では、あらためて深いメッセージを受けとめました。来月早々3度目の「きたがわてつと行くキューバの旅」に出発するそうです。5月13日には野毛の教会でコンサートをします。この感動を再び!    みなさん一緒に応援に行きましょうね!

5/29(火)アルゼンチンタンゴ特集決定!かなっくホール (演奏メンバーは変更あり)

ピアノ:佐藤美由紀 バンドネオン:早川純 バイオリン:西田けんたろう

ダンス:ケンジ&リリアナ 決定

2017/10/18 常照寺さまにて(京急南太田駅下車)

日蓮上人のお会式のあとの奉納コンサートとして檀家さんの皆様との歌声の会に呼んでいただきました。

本堂の隣に立派なステージを用意してくださいました。音響も素晴らしいです。始めはなかなか声が出ませんでしたが、だんだん皆様の表情が明るくなり、日本中の山へ登ったというかたが「山男の歌」を歌ったり、昨年娘さんを亡くしたばかりの方が、前に出て手を広げて「千の風になって」を歌ってくださいました!たくさんの緑と鯉が泳ぐ美しい庭を見ながら、私たちのこころも癒されました・・・

お寺は日本人のこころのよりどころですね

2017/10/4

「千の風になって」新井満さん特集歌声は300名満席のお客様と、素晴らしい時間を共有することができました。「生きてりゃいいこときっとある!」ってこういう時、私は叫びたくなります。いつもは皆さまからのリクエスト中心にすすめますが、今回は以下の構成でした。

第1部 「風」をテーマにした歌声

第2部  新井満さんのトークと歌と朗読

第3部 「いのち」をテーマにした歌声

新井満さんのお話は静かにとつとつと始まり・・・絶妙な間(ま)の中に笑いあり、ツ~と流れる涙あり、深い深い感動に包まれた1時間でした。お墓に行ってきたばかりだったので、語るような「千の風になって」の生歌で泣きそうになりました。実際涙を流している方が大半でした。

著作本もCDアルバムもあっという間に売り切れ、北海道に帰られた新井満さんに追加注文することになりました。(サイン入りです)注文の方は涼風までお願いしますね。第3部では「ふるさとの山に向ひて」「この街で」「千の風になって」を事務所代表の奥様:紀子さんと一緒にステージで皆様と一緒に歌ってくれました。

アイヌの言葉でこんにちわ、ようこそ・・君に逢えてよかった・・あなたの心にそっと触れさせてください・・という深い意味がある新曲「イランカラプテ」涼風でもたくさん練習しました。北海道では大変有名な曲ですが日本中に広めていきたいですね!

写真は(新井満さんの御親族、知人の皆様とスタッフ一同)

六角橋のお店貸し切りの「打ち上げ」は第4部が始まったかのような盛り上がりでした。「乾杯の歌」でスタート!ひとりひとり今日の感想を述べました。最後は新井満さんの登場!思わずひっくりかえるような、おもしろいことを話したあと、突然「今日の企画は成功ではありませんでした」と言ってしばらくだまりこみました・・・嫌な空気が流れスタッフの皆を一瞬凍りつかせたあと、「成功ではありません。大成功でした!」と言ってドアをあけ帰って行きました。カッコいい~~~~!ハァ・・

お空の中秋の名月も祝福してくれて、めでたしめでたし!

   最下段は(翌日の神奈川新聞の記事)

2017、10/9第11回「みんなで歌おう思い出の歌」下田文化会館 ゲスト:きたがわてつ   下田歌声の会「汐風」主催

今年は早々に150席満席でした

ゲストのきたがわてつさんを知るかたは下田にはほとんどいませんでしたが3分(1曲)で皆様を魅了してしまったかのようでした。体も大きいけれど声もこころも大きい・・お会いするのは3度目ですがガチで組むのは初めてでかなりドキドキでした。また2月には「涼風」の岩間ホールゲストに来てくださいます。

期待してくださいね

 

2017,7/17  400回記念スペシャル歌声  鶴見公会堂580席満席のお客様、豪華ゲストの皆様、強力なスタッフのみなさますべてに感謝です。ありがとうございました。500回目指して新たなスタートです!頑張ります!